習志野市 津田沼 心療内科 メンタルクリニック こころの杜クリニック
047-472-0556
津田沼駅徒歩2分
駐車場あり
▲ 土曜午後は14:00~17:00 休診日:水曜・日曜・祝日
※午前及び午後の最終受付は診療終了時間の30分前まで
診療時間 日・祝
9:00 - 13:00
14:30〜19:00

カウンセリング・心理検査

カウンセリング

臨床心理士がカウンセリングを担当いたします。

開始について

診察を行った上で、精神科診断がつき、かつカウンセリングが有効と判断させて頂いた方に対して、通常の診察と必ず平行して医師の指示のもと、カウンセリングを行います。
患者様が希望された場合、または医師からも提案させていただくこともございます。
カウンセリングの内容や期間などは、その方の困りごとと治療の目的をふまえて相談させていただきます。

料金について

カウンセリングは、1回50分の枠となります。
当院では、カウンセリングは通常の外来診療と並行して行っており、通常の診察料(健康保険)とは別に6600円を予約料として頂いております。

心理検査・認知機能検査について

心理検査・認知機能検査

おおまかには以下の3つに分けられます。

  • 知能検査および発達障害特性の検査(知的能力の特徴や、発達障害特性の凸凹を調べます)
  • 性格検査やストレスへの耐性をみる検査
  • 認知機能検査(記憶力、認知症、問題解決能力、推測力など高次脳機能を調べます)

当院の心理検査の特徴

当院では、診断の有無がゴールではなく、その先の「困りごとの解決」を見すえた検査をしております。患者様の特性や病状に対する様々な要因を多面的にとらえ、困りごとの解決に生かすために、医師だけではなく心理師による面談、検査内容の説明・ご相談、実施、結果説明も行っております。また、発達障害の診断に関しましては検査を前提に行っております。

たとえば仕事や学校で「不注意なミスが多く、怒られることが多い」、「人とのコミュニケーションがうまくいかない」などの困り感を訴えられる方は多くいらっしゃいます。こういった悩み事に対して、多くの医療機関では自己記入式のアンケート式検査のみ、あるいは知能検査(WAIS-Ⅲ、WAIS-IV)のみで終えることがほとんどです。
アンケート式検査では客観的な評価を行うことは難しく、また知能検査も本来は知的障害をみることに特化したものであり、注意力やコミュニケーション能力、発達障害特性をみるための検査ではありません。くわえて、一概に不注意といえども、不注意の程度の強さや、生じる条件、ミスの種類は人によって異なります。

そこで当院では、まずは心理師による検査前の面談にくわえてWAIS-ⅢあるいはWAIS-IVを予備検査として行い、全般的な情報を集めます。そこで得られた情報から、たとえば自閉スペクトラム症(ASD)特性が疑われる場合はコミュニケーション能力や柔軟性をみる検査としてADOS-2やEyes-Testなどを実施したり、注意欠如/多動性症(AD/HD)特性が疑われる場合は聴覚性・視覚性の注意力をみるCATやCPT、さらにプランニング能力が弱いと思われる場合にはBADSを行うなど、患者さまの困りごとの原因となっている認知機能の弱みを見つけるだけではなく、その解決につなげるための強みも見つけ、「具体的に何をどうすれば問題が解決されるのか」を目的とした、百数種類ある心理検査の中から有効なものを組み合わせる『オーダーメイドの検査』を行っております。

料金について

健康保険に対応している検査は、健康保険内で検査を実施いたします。
当院では上記のように困りごとの具体的な解決につなげるために、保険適応が得られていない最新の心理検査を数多く導入しており、また詳細な所見をまとめるために多くの時間を必要とします。
そのため、検査前面談から検査結果のご説明までの保険外のご負担(自費)を頂いております。詳細は、電話にてお問い合わせください。

心理検査の導入から結果説明までの流れ

来院初回:診察と検査予約

心理検査をご希望される場合、まずは診察を受けていただき、ご相談しましょう。検査を行うことが有効と思われる場合、「検査前面談(+予備検査)」のご予約を行います。

来院2回目:検査前面談(+予備検査)

ご予約された日に来院していただき、医師による通常の診察とあわせて、心理師が患者様の悩みごとや疑問に正確にお答えするために必要な検査を組み立てるための「検査前面談」を行います。その中で、必要と思われる検査とその内容をご説明させていただき、同意されましたら後日、「検査の実施」へと進みます。

来院3回目 午前・(午後):検査実施

「検査実施」の当日は、検査内容によっては午前・午後にわたることがございます。またまれに養育者様との面談が必要となる場合もございますが、その場合は検査前面談にてご相談します。
検査が終了しましたら、検査結果の説明を行う日程を決めます。

約2週間程度(来院なし):結果の処理

当院では心理検査の結果を、医師と心理師でディスカッションを行い、多角的な視点をもって分析します。
その後、心理検査の所見をお手元に保管していただくために、詳細に書面にて作成します。この書面は患者様の特性に合わせて作成します(例えば、絵や図として“見る”ほうが得意な患者様には絵や図を中心に作成します)。

来院4回目:検査結果のご説明

事前にご予約された日に来院していただき、心理師から心理検査の結果をご説明させていただきます。

Page Top